top of page

DXデザイナー養成講座 for MaaS利用規約(ユーザー向け)

この規約(以下「本規約」といいます。)は、Institution for a Global Society株式会社(以下「当社」といいます。)が  DXデザイナー養成講座 for MaaSとの名称で提供するサービス(第2条で定義するものをいいます。)に関する利用条件を、本サービスを利用するユーザー(第2条で定義するものをいいます。)と当社との間で定めるものです。

 

第1条(適用の範囲等)

  1. 本規約は、当社とユーザーとの間の本サービスに関する一切の関係に適用するものとします。ユーザーは本サービスを利用する際には本規約へ同意することとし、本サービスに同意しない限り本サービスを利用できません。

  2. ユーザーは、本規約へ同意すると同時に、当社の個人情報の取扱いについて当社の定める「Institution for a Global Society株式会社 個人情報保護方針」(以下「個人情報保護方針」といいます。)に同意するものとします。

  3. ユーザーが未成年者である場合、ユーザーは親権者等の法定代理人の同意を得た上で本規約に同意し、本サービスを利用することとします。

  4. ユーザーは、本規約のほか、当社が別途定めるガイドライン等の個別規定(以下、「個別規定」といい、本規約と合わせて「本規約等」と総称します。)が存在する場合、個別規定にも従って、本サービスを利用するものとします。なお、本規約と個別規定の定めが異なる場合には、個別規定の定めが優先するものとします。

  5. 当社が、ヘルプ、Q&Aその他の形で当社のウェブサイト上で本規約等の解釈を公表した場合、当該公開以降は当社及びユーザーは、本規約等を当該公表された内容に従って解釈するものとします。

 

第2条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、以下のとおりとします。

  1. 本サービス:LMS及びDXデザイナー養成講座 for MaaSを管理及び運営するサービスをいいます。

  2. ユーザー:当社が管理・運営する学習管理システム(Learning Management System。以下「LMS」といいます。)を利用し、当社の管理・運営するDXデザイナー養成講座 for MaaSを受講し、又は受講を希望している者をいいます。

  3. STAR参画企業:STARプロジェクト(https://star-pj.com/)に参画する企業のうち、DXデザイナー養成講座 for MaaS受講後のユーザーに対して採用活動を行う企業をいいます。

  4. GROW360:当社がGROW360の名称で提供するサービスをいいます。

 

第3条(本規約等の変更)

当社は、当社が必要と判断する場合、本規約等を変更することができます。その場合、当社は、変更後の本規約等の内容及び効力発生日をユーザーにメール又はウェブサイトへの掲載の方法で通知することでユーザーに周知します。    

 

第4条(当社が提供するサービス、個人情報の利用目的)

  1. 当社は、ユーザーに対し、当社の指定するLMSのウェブアプリケーションについて、譲渡及び再許諾不可能な非独占的利用権を付与します。

  2. ユーザーは、本サービスを利用するために必要な携帯電話機、スマートフォン、パーソナルコンピュータ等の端末、オペレーションシステム、通信回線等を、ユーザーの費用と責任で用意しなければなりません。

  3. 当社は、ユーザーに対してDXデザイナー養成講座 for MaaSを提供します。DXデザイナー養成講座 for MaaSでは、LMS学習及び集合研修のほか、当社の提供するサービスであるGROW360の受検が必須となり、別途個別のユーザーに適用されるGROW360規約に同意していただく必要があります。

  4. STAR参画企業は、DXデザイナー養成講座 for MaaSを受講して修了証を受領したユーザーに対して入社希望者を募集することがあり、ユーザーが応募を希望した場合、当社はユーザーの依頼に応じてユーザーに代わってSTAR参画企業に個人データを提供します。(ただし、STAR参画企業による採用・不採用手続に関してはSTAR参画企業の責任で業務が実施されるものであり、当社は何ら責任を負うものではありません)。

  5. 当社は、DXデザイナー養成講座 for MaaSの受講を終了したユーザーに対して慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターの修了証を発行する業務を行います。また、外部からユーザーが慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターの修了証を受けた者であるか否かの問い合わせを受けた場合、必要に応じて、当該外部の者に対して修了証発行の有無を回答し、その限度でユーザーの個人データを提供します。

  6. 当社は、ユーザーに対して、前項までに定める業務のほか、これらの業務に付帯又は関連する業務を行うことがあります。

  7. 当社は、個人情報保護方針記載の利用目的に加え次の利用目的でユーザーの個人情報を利用し、ユーザーはこれに同意するものとします。

    1. 本条第1項から前項までに定める業務で利用するため

    2. 当社の商品・サービスの開発、改善のため

  8. なお、当社は、①ユーザーによる本サービスの利用記録及び個人情報を集計・分析し、これを本サービスの改善(分析技術の改善を含むがこれに限らない。以下同じとする。)に用い、又、②ユーザーによる本サービスの利用記録及び個人情報を、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データを作成します。そして、②に基づく委託により作成した統計データについては、当社は、本サービスの改善に用いる他、当該統計データにつき何らの制限なく利用(第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、ユーザーはこれを予め承諾するものとします。

 

第5条(ユーザーの責任)

  1. ユーザーは、ユーザー自身の責任において本サービスを利用し、本サービスにおいて行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします(当該行為をユーザー自身が行ったか否かを問いません)。

  2. ユーザーは、本サービスの利用に当たって、真実、正確かつ完全な情報を登録又は入力しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。

  3. 当社は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合又は該当するおそれがある場合、予めユーザーに通知することなく、本サービスの全部又は一部の利用の停止、アカウントの停止又は削除、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約の解除その他の当社が必要かつ適切と合理的に判断する措置を講じることができます。

    1. 本サービスの利用に際して法令違反があった場合

    2. 第6条に定める禁止行為を行った場合、その他本規約等に違反した場合

    3. (1)から(2)までに定めるもののほか、当社とユーザーとの信頼関係が失われた場合その他ユーザーへの本サービスの提供が適切でないと当社が合理的に判断した場合

  4. ユーザーは第4条第2項における責任を尽くさなければならず、ユーザーが準備する携帯電話機、スマートフォン、パーソナルコンピュータ等の端末、オペレーションシステム、通信回線等につき、当社は何ら責任を負わないものとします。

  5. ユーザーが本サービスを利用したことに起因して、当社が直接的又は間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを賠償しなければなりません。

  6. ユーザーからの依頼に基づき当社が当該ユーザーの指定した第三者に対して当該ユーザーに係る個人データを第三者提供する場合、当社は当該ユーザーに代わって個人データを当該第三者に個人データを提供します。この場合の第三者提供について、個人データの提供者及び受領者は、個人データの第三者提供に関する確認・記録義務を負いません。

 

第6条(禁止行為)

当社はユーザーが以下の行為を行うことを禁止します。

  1. 本規約等に違反する行為

  2. 法令又は公序良俗に違反する行為

  3. 違法行為・犯罪行為・反社会的行為を暗示・誘発・助長・推奨等する行為

  4. 虚偽、不完全、不正確な情報を当社に提供し、又は本サービスを通じて第三者の閲覧に供する行為

  5. 交際(異性か同性かを問わない)に関する情報を投稿又は送信する行為

  6. コンピュータウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為

  7. 当社のサービスの運営を妨害し、又は当社の信頼を毀損するような行為

  8. 他人名義、有効期間切れその他制限が課されたもしくは虚偽のID等を使用して本サービスを利用する行為

  9. 本サービスの利用権を現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為

  10. チートツールその他の技術的手段を利用して本サービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、本サービスのサーバ又はネットワークシステムに支障を与える行為その他本サービスの運営に支障を与える行為

  11. リバースエンジニアリング、逆アセンブルその他の方法でソースコードを解読する行為

  12. 第1号から第11号までのいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為

  13. その他当社が合理的な根拠に基づき本サービスの提供を継続することが不適切であると判断する行為

 

第7条(免責事項)

  1. 当社は、個人情報保護方針で明示したとおり、ユーザーの本サービス上の各講座の受講結果等の情報を取得して、これを評価・分析し、分析・評価結果(かかる分析・評価の基礎となる情報そのものを含みます。以下同じ。)を活用することを本サービスの根幹としております。当社は、かかる分析・評価結果が正確かつ公平なものとなるように努めますが、100%の精度は保証できませんので、結果的に、分析結果の中には不正確なものが含まれる可能性がございます。かかる分析・評価結果を元に、STAR参画企業が採用判断の側面で、ユーザーに対して有利又は不利な評価・判断をする可能性があるところ、当社は、ユーザーに対し、このような分析・評価結果の特性を伝えており、それを踏まえた適切な利用をお願いしております。かかる状況を踏まえ、当社によるユーザーの情報の利用範囲にこのような内容が含まれていること及びSTAR参画企業のユーザーに対するいかなる評価・判断にも当社が責任を負うものではないことをユーザーは予め承諾することとします。

  2. 当社は、本サービスに関する契約不適合(セキュリティ等に関する不具合、欠陥、エラー、バグ、安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性及び特定の目的への適合性を含みます)が存在しないことを明示的にも黙示的にも保証していません。当社は、ユーザーに対して、これらの契約不適合を除去して本サービスを提供する義務を負いません。

  3. 当社はユーザーが入力した情報内容について一切の責任を負いません。

  4. 当社は、本サービスに関して、ユーザーと第三者との間でトラブル又は紛争(ユーザー間の紛争及びユーザーとSTAR参画企業間の紛争を含みますがこれらに限りません。)が発生した場合であっても、一切責任を負いません。

  5. 当社は、天災地変その他不可抗力(回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みますが、これらに限られません。)その他当社に帰責性のない事由により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。

 

第8条(サービスの停止、中断、変更及び終了)

  1. 当社は、次の各号に該当する場合、ユーザーへの事前の通知や承諾なしに、本サービスの停止、中断、変更及び終了を行うことがあり、その結果、ユーザーの採用等に不利な影響を及ぼす可能性がありますが、ユーザーは、これを予め承諾します。

    1. 本サービスにかかるサーバの保守又は本サービスについて仕様変更もしくはサービスの契約不適合の修補等を行う場合

    2. 天災地変、疫病その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、又は法令等の改正・成立により本サービスの運営が困難又は不可能になった場合

    3. その他当社がやむを得ない事由により本サービスの運営上、停止、中断、変更及び終了が必要と判断した場合

  2. 前項に定める本サービスの停止、中断、変更及び終了により、ユーザーに損害が生じた場合でも、当社は、何らの責任も負わないものとします。

 

第9条(知的財産権)

本サービスを通じて提供されるすべての文章、画像、映像、プログラム等のコンテンツの著作権等の知的財産権は当社又は当該コンテンツ提供元に帰属するものであり、ユーザーは、当社及び当該コンテンツ提供元の事前の承諾なく、複製、転載等の使用をすることはできません。

 

第10条(準拠法及び管轄)

  1. 本サービス及び本規約等に関しては日本法に準拠します。

  2. 当社とユーザーは、本サービス及び本規約等に関わるすべての紛争については、他に別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることに合意するものとします。

 

附則

2022年12月1日 制定

bottom of page